建築の基礎知識

 事務所、倉庫、作業場、店舗、住宅、離れ、勉強部屋、ユニットハウス、パネルハウスなら東京ハウジング
創業53年の実績と信頼・プレハブのことなら東京ハウジング

建築の基礎知識

  • 東京ハウジングのプレハブは工場での生産比率を飛躍的に高め、現地での施工日数を大幅に短縮しました。機能を追求し、均一化した部材により安定した品質のプレハブ建築物をご提供できます。 
  • プレハブの最大のメリットである経済性を追求し、実用性もアップさせました。
  • 軽量鉄骨製のタイプら木質系のタイプまでご用途に合わせて、東京ハウジングの豊富なプレハブ機種の中からお選び頂けます
事務所、倉庫、作業場、工場、住宅、離れ、 勉強部屋等をプレハブ工法でご提供致します。
 
   お客様のご希望に合わせて間取りを作成することができます。敷地の状況、向き等に合わせて自由に設計できます。また、標準間取りから選ばずご自由に間取りを作成して頂くこともできます。
東京ハウジングはお客様のご希望、ご要望に 最大限合わせてプランニングさせて頂きます。

建築法律知識

 国や地方自治体は国民が文化的、健康的な日常生活が営まれるように、都市計画法や建築基準法等を定め、建築に対して一定の制限やルールを設けています。そこには都市計画、用途地域、建蔽率、容積率、道路斜線、北側斜線、絶対高さ、敷地と道路、防火規制等々さまざまな規制やルールがあります。
プレハブ建築、プレハブリース、ユニットハウスリース、中古プレハブ等に対しても原則的にはこれらの法が適用されます。

建築計画

建物を計画する際には、どのような建物がどのような大きさで建てられるのかをまずチェックする必要があります。環境を守るためにさまざまな法的規制により、地域ごとに建築できる建物の種類が決められています。

都市計画法

都市計画エリア内では市街化区域と市街化調整区域。未線引き区域に分けられています。市街化調整区域内では例外を除き、原則的には建物は建てられません。  

用途地域

 
都市計画法で地域ごとに用途地域が定められており、用途や建てられる建物の種類が決められています。それらの諸条件を敷地のある市区町村の都市計画課等で確認をしてから、プランニングに取り掛かる必要があります。  

容積率

容積率とは地域の用途地域別に定められており、敷地面積に対する各階の床面積の合計、延べ床面積の割合のことです。容積率が定められていることにより、周辺地域全体に一定の空間が確保でき全体的に調和のとれたエリアが構築されます。建築を行う場合はこの容積率の制限内で行われなければなりません。

建蔽率

建蔽率とは地域の用途地域別に定められており、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。建蔽率が定められていることにより、周辺地域全体に一定の空間が確保でき、過密化を防ぎ全体的に調和のとれたエリアが構築されます。建物を建てる場合はこの建蔽率の制限内で建築をする必要があります。

敷地と道路に関する規定

建物の敷地は4m以上の道路に2m以上接していなければならないという規定があります。災害時の避難や消火活動に対する備えです。周辺地域全体に一定の災害に対応できうる空間が確保でき、調和のとれたエリアが構築されます。建物を建てる場合はこれらのことにも注意をする必要があります。

建物の高さに関する規定

建築基準法では絶対高さ、道路斜線、北側斜線、隣地斜線という4種類の高さに対する規定を設定しています。これらは道路や隣接地に日照や通風で影響や障害を及ぼさないようにするためのもので、調和のとれたエリアが構築されます。建物を建てる場合はこれらの規定を順守する必要があります。

防火に対する規定

建築基準法では防災に対する備えから防火地域、準防火地域、法第22条地域という防火に関しての地域を決め、防災に対して一定の対応ができるよう制限を設けています。外壁、屋根、外部建具、内装等に制限を設定し、地域全体として防災に取り組む構えとしています。安全に配慮されたエリアが構築されます。建物を建てる場合はこれらの規定を順守する必要があります。
東京ハウジングはお客様の ご希望、ご要望に合わせて プランニングさせて頂きます!

建 物 の 税 金 ・ 税 率 ・ 納 付 時 期

建築の際にはさまざまな税金がかかってきます。不動産取得税、固定資産税、都市計画税、印紙税、登録免許税等があります。プランニングに際してはこれらのことも予定に入れておかなければなりません。税率や納付時期も覚えておく必要があります。

建 築 の 総 予 算

建築費用の中には建物本体工事費の他に電気、ガス、給排水工事等の屋内付帯設備工事費、屋外設備工事費、外構工事費、インテリア費、既存建物がある場合には解体処分工事費、更に、地鎮祭費用、引越し費用、税金、登記費用等が必要になります。
十分な計画のもとにとりかかることが大事になります。 

資 金 計 画

預貯金がいくら使えるのか、使える株式や債券はどのくらいあるか、各種積立金は使っても大丈夫か、両親や祖父母等からの贈与は期待できるのか、融資はどのくらい申し込めばよいのか等、計画に際しては把握しておく必要もありそうです。
お見積りは無料です 。お気軽にお問い合わせ下さい。
フリーダイヤル・0120-2828-87
FAX・042-488-1812
メールアドレス・info@tokyo-housing.co.jp
お問い合わせフォーム
東京ハウジング株式会社 

住居系の住宅、離れから事業系の事務所、倉庫、作業場まで豊富な機種を揃えたプレハブの専門会社です。

  • 1973年の設立以来、プレハブ一筋に数多くの納入実績、施工実績があります。
  • お求めやすい経済タイプからデザインや居住性に優れた高級タイプまで豊富なプレハブ機種を取り揃えております。
  • ご建築の際は是非、東京ハウジングをお選び下さい。快適な空間造りを指標に、お客様の立場に立った誠実なサービスを目指しております。

納入棟数と経済的価格設定

  • 住宅、 別荘、 セカンドハウス等、木質系プレハブは約1800棟、 事務所、 倉庫、 作業場、 工場、 コンテナハウス等、鉄骨系プレハブは約1400棟、勉強部屋、離れ等、小型ハウスは約2400棟、その他学習塾、医院、店舗、 仮設プレハブ、 動物小屋等合わせまして、7000棟近い実績がございます。
  • お客様の立場に立ち、無駄な経費を徹底して削減しております。またすべての価格が基礎~建て上げまでの施工費込みとなっております。詳しくは経済的価格の理由をご覧下さい。お見積もりは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。
  • 東京ハウジングは東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨の全域、及び栃木、茨城、静岡の一部までの広い地域を営業エリアにしております。詳細はお問い合わせ下さい。
 
  • 東京ハウジングはプレハブ、事務所、倉庫、作業場、店舗、現場事務所、仮設ハウス、仮設事務所、仮設作業場、仮設倉庫、仮設店舗、事務所兼作業場、事務所兼倉庫、倉庫兼作業場、車庫兼作業場、集会所、学習塾、休憩室、厚生施設、スポーツ施設、車庫、住宅、別荘、セカンドハウス、離れ、書斎、隠居部屋、ミニハウス、勉強部屋、子供部屋、レッスン所、物置、納戸、中古プレハブ、中古ユニットハウス、中古トイレ等の販売、及び、プレハブリース、仮設ハウスリース、ユニットハウスリース、パネルハウスリース、仮設シャワーリース、仮設トイレリース等をプレハブ工法でご提供する専門会社です。
東京都知事許可(般ー27)第49298号  
 東京ハウジング株式会社
フリーダイヤル 0120-2828-87
FAX 042-488-1812

東京ハウジング株式会社
〒182-0026
東京都調布市小島町2-40-10
TEL.042-488-2828
FAX.042-488-1812
プレハブ、事務所、倉庫、作業場、工場、住宅、別荘、セカンドハウス、離れ、勉強部屋、店舗、コンテナハウス、ユニットハウス、パネルハウス等の販売、レンタル、設計、施工